2008年08月14日

ガラスのグラス・・・

ガラスのグラス・・・

 ガラスのグラスを2つ。


 とても安定感のある、ステキなグラス。

 なんともいえない、ぼてっとした感じがお気に入り。



 あれ?持つところに色?

 何色にする?  緑? 青?  それとも・・・・




 選んだのがこの2つ。

glass.jpg



 おうちCafeにやって来たこのグラスたちは、

 毎朝、子供たちの牛乳を入れるグラスになった。

 つっちーと一緒に、
 子供たちを育ててくれるグラスになった。





つっちーのひとりごと

 この作家さん(土田よし子さん)からお手紙をもらって、
 個展を見に行ったんです。

 そこでひとめぼれした、
 このグラスたち。


 実は、
 土田さんとの出会いは、
 不思議。


 森の中のCafe ラ・プロバンスで初めて出会った。
 土田さんのグラス。

 出会ったときは、誰が創ったのかも知らない。
 売っているのかさえも知らない・・・・


 ホントにひとめぼれをしてしまって、
 思わず、ラ・プロバンスで聞いてしまった。

 「このグラス。 どんな方が創られてるんですか?」



 普通は、恥ずかしくてこんなこと聞けない。

 けれど、ひとめぼれしてしまったものは仕方ない。
 このチャンスを逃したら、もう会えないかもしれない・・・・・。

 そう思ったら、聞けた。



 ラ・プロバンスでは、 快く教えてくれた。

 結構、あっちこっちへ電話して聞いてくれた事を思い出す。




 それから・・・・

 工房までお邪魔してしまって・・・・
 いろんなお話聞かせていただきました。


 今思えば、ものすごい行動力。
 自分でも関心してしまうほど。(笑)





 また、出会えるとうれしい。
 多分、又逢える。

 今度は、どんなグラスに逢えるかな・・・・・



posted by つっちー at 22:13| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょこっとコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんだか運命を感じる出会いですね♪

自分から追いかけないといけない絆もあるんですね(^-^)

私も思い出しました。子供の頃ガラス細工をいろいろ集めていましたよ。
就職も百貨店で洋食器のコーナー希望して配属!
大変だったけど、好きな切子やスワロフスキーの動物たちに囲まれ
しあわせだったなぁ〜(⌒‐⌒)

機会があったら、土田さん作品や
つっちーさんのコレクションの写真アップしてくださいね☆ミ
Posted by 小桜うさぎnon at 2008年08月19日 00:14
小桜うさぎnonさん こんばんは。


 写真アップが遅れましたが、
 入れときましたので見てくださいね。

 写真だと、少しぼってりした感じに
 見えますが、

 実物も ”ぼってり”した感じです(笑)
Posted by つっちー(店主)です at 2008年08月23日 20:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104751325

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。